【モーリス】1988年イギリス映画 2018春ついにリバイバル上映開始同性愛『モーリス 4K』

EUR0PEAN.OTHER
Maurice
冒頭は強風の吹く曇り空。心理音のようなリピートするイントロ。遠足のようだが暗い空気か漂う。
ホール少年は先生に呼ばれ砂浜で性教育を受けた。
それはまるで彼の前途多難な運命を物語っているようだった。     
10年後、少年はエリートの道を進むべくケンブリッジで、男子だけの寮生活を送る。 
翻訳クラスの教授はあえて同性愛の含まれる本を題材に選びながら「ギリシャ人の悪習慣は飛ばして読め」と強調し、当時の倫理社会を語る。
《許されぬ同性愛》
1900年初頭のイギリスでは同性愛は犯罪とされていたため、惹かれ合っても言い出すこと自体、自らの破滅との戦いであった。
モーリス・ホール(ジェームズ・ウィルビー)は上級生ダラム(ヒュー・グラント)から愛の告白を受けることで同じ感情を持っていることに気づき、禁断の世界に足を踏み入れたのだった。
さらに10年の歳月が過ぎ、ダラムと同室だった学友のリズリー子爵が罠にかけられ、男を誘い不道徳行為で逮捕された。
この事件をきっかけにふたりの考え方が違う方向に変化していく。
嘘のない他の幸せをつかもうと女性と結婚したダラム、自分が同性愛者である事を苦しみ頭痛や幻覚に悩むホール。
医師に同性愛が許されるフランスかイギリスへ行く事も勧められるホールだが、やがてダラム家の猟場番スカダーと身分違いの恋が訪れ、、、、
少女漫画から飛び出したような大変美しい描写で禁断の世界を表現している
人生の選択に悩む様子や、人目を避けた危険な愛にハラハラさせられる。
心を映像で表現するスタイル、、
特に最後に寝室の窓を閉めたダラムが悲しみを誘う。
過去を断ち切る思いか、人生の扉を閉めるような思いを感じる。
また、切なさが響く挿入曲も大変印象的で記憶に残る素晴らしい名作である。
 ⇑[モーリス4K]予告動画⇑
希少DVDのため視聴が困難な作品であったが、制作30周年記念で美しい画像に修復されついに2018年4月末、『モーリス 4K』として劇場公開となる。待ちわびたファンにとっては見逃せない。
80~90年の監督作品には必ずと言っていいほどリチャード・ロビンスが音楽が担当している。
『眺めのいい部屋』や『日の名残り』(カズオ・イシグロ原作) も共通する哀愁や侘 · ‎寂 (ワビサビ)が有る。
ジェームズ・アイヴォリー監督作品・(感想記事有り)

★(GID)男性の性同一性障害(LGBT)同性愛★おすすめ映画20選(15+グザヴィエ・ドラン監督5作品)   ←push

『モーリス』『エデンより彼方に』『ブエノスアイレス』トーチソング・トリロジー
『トランスアメリカ』『ミルク』『フィラデルフィア』『ブロークバック・マウンテン』
『マイプライベートアイダホ』『シングルマン』『リリーのすべて』『僕を葬る』『ベニスに死す』
『彼は秘密の女ともだち』『クライング・ゲーム』
『マイ・マザー』『胸騒ぎの恋人 』『わたしはロランス』『トム・アット・ザ・ファーム 』『たかが世界の終わり』

[amazonjs asin=”B0030LZP3S” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”モーリス HDニューマスター版 DVD”]     Amazon prime videoモーリス リストア版(字幕版)

ピックアップ記事