【地球で最後のふたり】2003年タイ.日本.オランダ.フランス.シンガポール合作・真夏の暑さに冷んやり!感覚で楽しむ映画 Last Life in the Universe

EUR0PEAN.OTHER
爽快感というより冷んやり感のある映画。
ゴミや汚い景色が映像美へと変わる不思議な世界観。
最小限に近い少ないセリフは、日本語英語タイ語が入り混じる。
ストーリーよりも異国の空気を感じ幻覚を起こしそうな挿入音と映像美による感覚的な味わいに浸れる。
あらすじ
バンコクの日本人文化センターで働くケンジ(浅野忠信)は異常ともいえる潔癖症で常に自殺願望がある。
ある日、ヤクザの兄ユキオ(松重豊)が組長の娘に手を出して追われていて日本(大阪)からタイのケンジの住む部屋に逃げてきた。
ケンジは部屋で首を吊る自殺願望を身投自殺に変更し欄干から川へ飛び降りようとした。
そのとき目の前で姉妹の喧嘩で車から降りた妹のニッド(ライラ・ブンヤサック)が車にひかれ死んでしまった。
取り乱した姉のノイ(シニター・ブンヤサック)とともに病院に付き添ったあと、家の戻ると今度はユキオが組長の命令で追ってきた仲間のタカシ(竹内力)に殺されてしまった。
ケンジも殺されかかったのだがユキオの銃で逆にタカシを射殺。
2人の遺体を布で覆い隠したケンジは、病院に忘れた荷物を届けにきたノイと共に郊外のノイの家へ行く。
潔癖症のケンジと散らかり放題で片付けらないノイ。
遺体のある部屋に戻れないケンジ、妹を失った悲しみと数日後にはタイを離れホステスとして大阪に働きに行く予定のノイ。
ケンジの心は解放され吹っ切れたように自殺願望が無くなった。
無関心だったタイ語も覚え始め、ノイとも不思議な絆によって心が通い始めるのだったが、、、
ノイの出発は近づいている。
ノイとよりを戻したい元カレのジョン。
タカシの消息が分からず日本から殺しにやってくる組長のタジマ。
↑予告動画( Last Life in the Universe)
《アダムとイヴの最後の晩餐はパイナップルだったのか》
とにもかくにも人生の流れを変えたのはパイナップル。
悲劇のようで悲劇ではなくなった。
《ケンジの部屋
グレイトーンでまとめられたインテリアやファブリック、カットされた紙に分類が書かれ壁や棚のあちこちに貼られている。
糊付けし色分けされて同じハンガーに揃えて吊るされているシャツ、タオルも大中小と分けて置かれ、靴下も曜日の書かれたシールの下に丁寧に畳まれ、、、ベルトも靴も本も食器も分類されている。
全てが規則正しく配置され清潔に保たれている。
《ノイの家
とにかく散らかっていて汚いのだが大変大きな佇まいの家でレトロな雰囲気と情緒がある。
高価であったような家具や調度品、ビビ割れて使い物なならない状態だが大きなプールもある。
ノイが昔家族で住んでいたとしたら食堂やペンションを兼ねた住まいだったのか、裕福な両親と姉妹の住む幸せな家であったように思える。
行って見たい、改装して住んで見たいなあと感じてしまうような場所。
ケンジの魔法のごとくゴミが舞いみるみる片付いていくCGのシーンも味わい深い。
 映画監督三池崇史も組長タジマ役として登場。
撮影監督独特の色彩と映像美を表現するクリストファードイル(Christopher Doyle、中国名・杜可風)
「ブエノスアイレス」「花様年華」などウォン・カーウァイ作品の撮影でも有名な監督。
ジェームズ・アイヴォリー監督の【上海の伯爵夫人】(感想記事有)でも美しい世界に魅了される。
監督のペンエーグ・ラッタナルアーン 脚本のプラープダー・ユンも、デザイナーの職歴を持ち、スタッフがアーチストと言うだけあって構図やいろシンプルだが引き込まれていく。
やや残念なのは女性観
女性のセリフや表現など人物設定が少し弱い気がした。
それと時代の流行と日本を意識しての(日本人向けパブのホステス)ことだと思うがセーラー服の衣装が映像美にこだわっている作品に合わないのと、ノイのセリフがホステスっぽくはあるのだがやや下品と言うか違和感がある。
住んでいる家から想像する幼い時期の育ちの良いイメージがノイに感じられないのは私だけだろうか。
国の違いもあるのかもしれないが特定の男性目線で見たうわべの女性のようでもあり、内面までが描ききれていないように思えた。
女性の鑑賞者として「嫌な女だ」とか「魅力的だ、可愛いな」「本当は育ちがいいんだ」など感じるインパクトがもっとあったらよかったのではないだろうか。
《女性観その2・余談本作ではないがほぼ同じスタッフで制作された次の作品2005年の『INVISIBLE WAVESインビジブル・ウェーブ』でも、さらに感じたのだが、キャストの女性が実物の女優より魅力的に映らないのは、演技の問題ではなくセリフが不自然だったりや衣装があっていなかったりチグハクな部分が影響しているのかもしれない。
赤ん坊をホテルのベッドの上に置いたまま外出したり(動いて落ちる危険が、、せめてゆりかごに入れて欲しい)や突然出会ったばかりの男に乳飲み子を預けて泳いだりする母親。
酒場やバーにこだわるようにダンスのシーンももっと尺があって曲や映像で美しく見せてもよかった。
リアルでなくても嘘っぽさがあってもいいのだが、煮詰め足りない料理や、男の世界の付属品のように感じてしまう。
 
原作本『地球で最後のふたり』は著者:プラープダー・ユン、訳:吉岡憲彦)
翻訳されたバンコク日本文化センター所長の吉岡憲彦さんが実際のモデルになっているそうです。
別の世界に行ったような(タイを身近に感じる)空気感、暴力的なシーンはあるものの不思議な心地よさと画像の美しさが記憶に残る雰囲気のある映画です。
『INVISIBLE WAVESインビジブル・ウェーブ』のほうは『地球で最後のふたり』よりも会話が多くストーリー性と悲しみの強い映画です。
内容に共通しているのは、「美しい映像」と「殺人」、「ヤクザ」と「逃亡」。
[amazonjs asin="B0007LOYH2" locale="JP" tmpl="Small" title="地球で最後のふたり プレミアム・エディション DVD"]

ピックアップ記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。