【ぼくを探しに】2013年フランス映画・アニメ監督シルヴァン・ショメの初実写 Attila Marcel

Drama.ドラマ
癒される空気感》
マルセル・プルースト著書の『失われた時を求めて』(À la recherche du temps perdu)をもとにイメージを膨らませてアニメーション監督シルヴァン・ショメが脚本、監督を手がけた初の長編実写映画。
ジャック・タチ監督の(シルヴァン・ショメ監督が影響を受け、アニメ『イルージョニスト』のモデルにもしている)構図やカラーを感じつつも、トーンのこだわりや、コミカルな動き、ミュージカルのシーンを織り込んで実写でもやはりシルヴァン・ショメ監督のアニメと共通する独特の世界観になっている。
キャスト》
主人公ポールとポールの父アッティラ・マルセル 2役 (ギヨーム・グイ)
マダム・プルースト (アンヌ・ル・ニ):部屋で植物や野菜、ハーブを育て記憶を呼び起こす不思議なハーブティーを調合する女性
伯母アニー (ベルナデッド・ラフォン)
伯母アンナ (エレーヌ・ヴァンサン)
ミスター・コエーリョ (ルイス・レゴ):盲目のピアノ調律師
ポールの母/アニタ (ファニー・トゥーロン)
ミッシェル (ケア・カン):中国人で叔母の友人の家に養女に迎えられたチェリスト(ニ胡演奏も達者)

《前半のあらすじ
2歳の頃に両親を失いそのショックで33歳になった今でも話すことができないポール。
母が音楽家の家系であったこともありポールはダンス教室を経営する叔母のアニーとアンナにピアニストになるべく育てられた。
だがポールは一流になれず、大好きなお菓子を食べながらもっぱら叔母達ダンスのピアノ伴奏をする日々。
ポールは話ができない以外にも他人に打ち解けず孤独なピーターパンシンドロームのような面を持っている。
ある日、盲目の調律師コエーリョが階段で落としたレコードを渡そうとあとを追いポールはマダム・プルーストの住む部屋に入った。
マダム・プルーストの部屋は階段の途中にあり、非常口か掃除道具でも追いてあるロッカーのようで見過ごしてしまいそうな入口であったがその扉の奥には同じアパートとは思えない世界が広がっていた。
室内は鏡や植物で覆われ、床も一部剥がされて畑にしてある秘密の部屋であった。
ポールはそこでエスニックな装いのプルーストにハーブティーを飲まされる。
催眠作用があり記憶を呼び起こす幻覚作用にも似たハーブティーによってポールは父や母を思い出した。
その後も叔母達に内緒でマダム・プルーストの部屋を訪れるようになる。
またマダム・プルーストはポールにウクレレも弾いて聞かせた。
また、ポールと叔母達はバカンスでトルヴィルを訪れた音楽家の家で養女のミッシェルを紹介される。
ある日、叔母達はポールが内緒でマダム・プルーストと会っていることを知り、彼女の部屋に押しかける。
叔母達が襲いかかった時にマダム・プルーストはカツラを付けていたのだがその訳は、、、
自分の母は父に殺されたと思い込んでいたポールの記憶はプルーストのハーブによって勘違いであったことが次第にわかってきたがポールの両親の亡くなった真相とは、、
年齢制限で最後になるピアノのコンクールや今後のミッシェルとの関係はどうなっていくのか、、、

予告動画↑

【ぼくを探しに】on Twitter 公式ホームページhttps://twitter.com/bokuwosagashini/status/474838856705904640

 
感想》
ハーブを飲むことによって蘇るポールの記憶は、赤ん坊から2歳のまでの世界。
煽り気味アングルで幼いポール目線の画面にこだわりを感じます。
浜辺のアイスクリーム屋さんのソフトクリームの形、ポップながらレトロ加工のトーンが美しく、ミュージカル調の歌や踊りがとても楽しい。
ポールが当時見ていたテレビのカエルのキャラクター番組が画面から飛び出してくるシーンでは、アニメ『ベルヴィル・ランデブー』で料理して食べていたカエル達が反乱を起こしたかようでもあり、デフォルメされ化けて出たような演出になっているのも、ポールにとっては怖いのですが鑑賞する側には新鮮で魅力的
またポールの叔母達は少し気難しそうなのですが、同じ服を着て同じ仕草をする様子がかえってチャーーミングで面白いです。
マダム・プルーストの部屋も絵本の中に入り込んだような気分になりアニメにはなかった鮮やかさが植物の呼吸が感じられ癒されます。
マッチョな体型のプロレスラーの父のギヨーム・グイと、軟弱でスリムに見える着こなしで演じるピアニストのポール役のギヨーム・グイの変化も見事です。
セリフが少なく効果的な曲が流れる。
登場人物は皆、特徴があり、さらに部屋の小物や色やなどで趣味や性格、人物像を判断しやすいことや、予想を裏切る展開がある(ポールがピアニストとして大成しそうな予想が、不幸に見舞われ別の幸せを掴むなど)部分は、実写であってもやはりシルヴァン・ショメ監督の特徴とするアニメの世界観でもあります。
笑いと涙の両方が存在し、美しいシーンを盛りだくさんに楽しめる映画です。
[amazonjs asin=”B00RE3GUDW” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”ぼくを探しに Blu-ray”]
 ILLUSIONISTベルヴィル・ランデブー [DVD]

ピックアップ記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。