【ブルックリン】2015年アイルランド.イギリス.カナダ合作映画・ブレない生き方を知る Brooklyn movie film

Drama.ドラマ
アイルランドの作家コルム・トビーン著書『Brooklyn』の映画化。
監督ジョン・クローリー  上映時間112分
1951~52年にニューヨークブルックリンに移民した若い女性エイリシュの成長していく姿を通しアイルランドの貧困や就職難、アイルランド人の国民性である誇りや、やさしさ、素晴らしさ、移民達の助け合いも語っている。
あらすじだけ知っても味わえない展開や空気感が見事な、満足感のある名作映画。
 
《前半中盤あらすじ・多少ネタバレ有り
アイルランドの小さな町に住むエイリシュ・レイシー(シアーシャ・ローナン)は優秀であったが、内向的な性格や就職難もあって定職にもつけずに楽しみも見いだせずにいた。
意地悪な主人ミス・ケリーの食品店で嫌な思いをしながらバイトをしていたエイリッシュの将来を案じた姉のローズ(フィオナ・グラスコット)はニューヨークに住むフラッド神父(ジム・ブロードベント)に頼みブルックリンで高級デパートBartocci’s department store の店員の職と女子寮を探してもらった。
長い船旅で下痢や嘔吐に見舞われながら親切な移民女性のアドバイスを受け無事到着するも、すぐにホームシックにかかってしまう。
フラッド神父の提案で授業料も出してもらいブルックリン大学の夜学に通うことで次第にホームシックは消え、簿記の資格も取ることができた。
また週末ダンスホールで、イタリア系移民の配管工のトニー(エモリー・コーエン)と出会った。
トニーとの愛情が深まり、デパートの勤務でファッションセンスも磨かれ、夜学では簿記の次にいずれは会計士の資格を取ろうと考え、幸せをつかみ始めた矢先エイリッシュのもとに姉ローズの訃報が届いた。
悲しみのどん底に突き落とされたエイリッシュは姉を弔うため一時帰郷を考える。
再び戻ってこなくなることを心配したトニーは、エイリッシュをロングアイランドに連れて行き、その場所の土地を買い家族で済む夢を語り、プロポーズした。
プロポーズを承諾したエイリッシュは、周りには内緒でふたりだけで入籍をし、その足で帰国した。
すぐにブルックリンに戻るつもりでいたが、アイルランドで、教養があり立派な紳士となったかつての知人ジム(ドーナル・グリーソン)と再会した。
ジムは洗練され美しくなったエイリッシュに好意を持ち、エイリッシュもまたブルックリンに戻らずこのままジムを受け入れたい気持ちになる。
帰省中だけの約束でローズの代わりに一時的に手伝った簿記の仕事の腕が素晴らしく高く評価され、雇用の申し出まで受けることとなったエイリッシュ
またローズを失い傷心の母は、エイリッシュがこのまま残りジムとの結婚することまでも期待している。
エイリッシュの迷いを吹き飛ばす出来事が起こる、、、、、、
『ブルックリン』予告動画↑
『ブルックリン』オフシャルサイト www.foxmovies-jp.com/brooklyn-movie/
《ファッション・演出》
この作品で特に目を引くのがファッション、アイルランドの象徴で国旗に入る緑色が多用されている。
渋目の緑のコートやカーデガン、国旗色を意識した花柄ミックスカラーのスカートが上手にコーディネイトされ楽しませてくれる。
女性たちのヘアスタイルやファッションはみなお洒落で、デパートのディスプレイも大変美しい。
挿入曲も風景も暖かい雰囲気があり、逆に船の中はグレイトーンの暗さがありこの先の生活への不安な心理を表現している。
会話(セリフ)のセンスは良くリズムを感じる。
深刻な移民問題を話すときもあまり暗くならずに、なおかつ伝わるように作られている。
 
《感想》
唯一、アイルランド人の恥と思わせるような意地の悪いミス・ケリーが不愉快な気分もなりましたが、この意地悪女によってエイリッシュはブレない心の軸を取り戻した訳だから「嫌な思いが吉と変わる」と考えれば本人の意図しないどこかで誰かの役に立っていることもあるのかもしれないとも思えました。
身近でも嫌な経験が成長に繋がっていることがあるのかもしれないと考えると多少見方を改めることも出てきそうです。
初めはおどおどした田舎娘のエイリシュが凜とした女性に成長していく姿は大変素敵でした。
途中二人の男性に迷った気持ちもよくわかりますし決断も素晴らしかったと思います。
彼女を取り巻くアイルランド人の優しさも国民性がよく表現され温かい気持ちになれました。
素晴らしい作品として心に残り、まだ鑑賞されていない方には是非お勧めしたい一押しの映画です。
余談》
シアーシャ・ローナン(Saoirse Ronan)は13歳の時に『つぐない』の子役で出演し多数助演女優賞にミネートをされていた実力の持ち主。
役柄もあったのでしょうが、当時の容姿からも早熟で利発だが嫉妬深く意地悪い目つきをする冷たいイメージで、末はこの作品のミス・ケリーになりそうな雰囲気を持ち、強い存在感があったと記憶しています。
8年後の本作品ではその面影が感じられないほど丸みを帯びふんわりとした優しい女性に成長しています。
ニューヨーク生まれのアイルランド育ちのアイルランド人のようなので、1950年代祖父母がニューヨークに渡ってきた移民なのかもしれません。
あまり派手さはありませんが、演技のセンスの良さが光って印象の強い女優さん、2017年〜2018公開中アメリカ映画『レディ・バード』の主演をはじめ今後の出演作品にも益々期待ができます今後の出演作品にも益々期待ができます
寮母ミス・キーオ役 のジュリー・ウォルターズもきついけれど温かく若い女性を見守る熱演でした。
近年は脇役や助演が多いですが存在感のある演技幅が広く受賞歴も多いイギリスの大女優。
またジム・ブロードベントも優しいフラッド神父役、ジュリー・ウォルターズと同年代のイギリスの大物俳優。
偉大な名脇役ふたりの喜ばしい共演でした。
[amazonjs asin=”B079VYSS81″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”ブルックリン AmazonDVDコレクション Blu-ray”][amazonjs asin=”456009022X” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”ブルックリン (エクス・リブリス)”]

ピックアップ記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。