【さいはてにて-やさしい香りと待ちながら-】2015年邦画 能登半島ヨダカ珈琲の焙煎コーヒーに心温まる

Drama.ドラマ
世界農業遺産に認定された石川県能登半島の珠洲、最北部奥能登(珠洲市)を舞台に心に傷を持つ対照的な性格のふたりの女性が、次第に心を通わせ、助け合いながら苦労を乗り越えて行くヒューマンドラマ映画。
台北映画祭では観客賞を受賞。
監督は台湾の元女優チアン・ショウチョン(中国語: 姜秀瓊)
(女優としては台湾の名匠エドワード・ヤン監督作『牯嶺街少年殺人事件』に出演、その後ヤン監督やホウ・シャオシェン監督のもと演出を学び、台湾映画界で活躍。)
《前半のあらすじ
吉田岬(永作博美)には30年前4歳の時に別れて以来会っていない父がいた。
父は能登半島で漁船の船乗りをしていたが8年間行方不明だった
父が残していた借金を生産し能登にやってきた岬は資産価値の無い父の船小屋を改装し焙煎コーヒー店「ヨダカ珈琲」を開店した。
岬の焙煎するコーヒー豆は全国の顧客から通販注文がくるため寂れた場所でも経営に問題はなかった。
「ヨダカ珈琲」の向かいには営業していない「民宿・山崎」がありシングルマザーの山崎絵里子(佐々木希)が小学生の娘の有沙(桜田ひより)と息子の翔太(保田盛凱清)と暮らしていた。
近場には中卒の絵里子が働ける仕事はなく、たよりの祖母、山崎由希子(浅田美代子)は病気で入院中。
絵里子はしばしば子供二人を残し金沢市(石川県)にホステスとして出稼ぎに行っていた。
子供達は時々やってくるヒモ男のような絵里子の恋人(永瀬正敏)の威圧感に怯えていた。
また、有沙は学校の給食費を持っていかなければならないことを母絵里子に言い出せず、自分で支払うため内緒で岬のお店を手伝うことになった。
だが、女子高生に万引きの片棒をかつがされたり、給食費の出どころも誤解を受ける事件が起こった。
一方、岬は絵里子の恋人のヒモ男に襲われかかり、、、、
岬に嫌悪感を抱いていた絵里子だったが、次々に降りかかる問題が逆にふたりの間を友情に変えていく。
男に頼らずひとりで強く生きてきた岬と、男に弱いようでもシングルマザーとして芯は強い絵里子。
岬は絵里子に「ヨダカ珈琲」で働くことを提案し、、、、
『さいはてにて-やさしい香りと待ちながら-』予告動画↑
《感想
ヨダカ珈琲の舞台は実在の全国にファンを持つ人気店『二三味珈琲』の舟小屋(焙煎所)『カフェコーブCafe Cove (旧・二三味珈琲 海の家) KINOURA』だそうです。
能登半島の美しい風景の中で本当にコーヒーの香りが漂ってきそうな魅力を感じる空間、行って見たくなります。
また、能登半島の就職難や、シングルマザーの生き方、漁師の生活、小学校の給食費の徴収制やいじめなど社会問題にも触れていて、地域のPRになる素晴らしい作品です。
自立した女性生き方を永作博美が名演、生意気な弟と母思いの姉、子役のふたりも熱演。
個人的には山崎絵里子役にリアル感が足りなかったことが少し残念です。
映画のノベライズとして脚本家の 柿木 奈子著書として同年本が発売されていますが監督は2011年の東日本大震災の日にオファーを受けたそうなので災害でしばらく保管されていた脚本だったのかもしれません。
台湾の監督とは思えないほど日本人女性の心理がよく伝わり、侘び寂びも感じます。
美しい景色と優しさに包まれ癒される作品。
私自身10年ほど前に小さな焙煎機を購入し一時期頻繁に生豆から自家製コーヒーを作っていたこともあり大変興味深くもありました。
[amazonjs asin=”B00YG4HDEC” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”さいはてにて やさしい香りと待ちながら DVD”]
《いつも輝いている女優・永作博美
引き込まれる魅力と抜群の演技、ナチュラルいつも若々しくオーラを感じる女性、そして妻であり母であり素敵な女優さんです。
特に以下3作品まったく違うタイプの女性を演じていますが永作博美出演のおすすめ映画です。
『人のセックスを笑うな』2008年山崎ナオコーラの著書映画化作品
 自由奔放な非常勤教師が20歳年下の男子生徒を軽い気持ちで誘惑し本気にさせる青春ドラマ映画。
 捕まえられない蝶のような女を演じています。
 黒いストッキングに白い靴下などのファッションや部屋の小物インテリアも流行した時代やアート系職業がよく表現されています。
 映画の撮影場所が私個人的に懐かしい土地(県)と大学だったこともあり感慨深い思いも重なりました。
人のセックスを笑うな(スマイルBEST) [DVD]
『蛇のひと』2010年
 主役のOL役ですが失踪した課長の過去を追う女刑事のようなサスペンスのテレビドラマ(1週間限定で劇場公開映画)です。
    ストーリー自体も面白いです。
蛇のひと
『八日目の蝉』2011年
 不倫相手の妻が産んだ赤ん坊を誘拐し育てながら逃亡し続けた女。
 悪女と優しい母と怯える姿、みすぼらしさと多様な顔で熱演。
 チアン・ショウチョン監督もこの映画を観て『さいはてにて-やさしい香りと待ちながら-』の主役に抜擢したそうですが映画史の上位に残したい珠玉の名作です。
八日目の蝉 通常版 [DVD]

ピックアップ記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。