【地上5センチの恋心】2006年フランスベルギー合作映画・素敵な恋は中高年にも訪れる大人ラブの大傑作Odette Toulemonde

Drama.ドラマ
緊張で話もできないほど憧れ続けてきた人気作家が突然家にやってきたらーー
中年のシンデレラストーリーがコミカルに、少しミュージカル風に、ロマンティックに描かれている。
さり気無い会話が絶妙に計算されたセリフはノートに書き留めたくなるほどに味がある。
監督:エリック=エマニュエル・シュミット   上映時間100分
《前半あらすじ》
ベルギーの首都ブリュッセルから少し離れた郊外に住むシングルマザーのオデット・トゥールモンド(カトリーヌ・フロ)は気が優しくて思いやりのある40代後半ぐらいの女性。
10年前に配管工の夫に先立たれ、昼はデパートの化粧品売場に勤務し、夜は羽飾りの内職をしながら息子(ファブリス・ミュルジア)と娘(ニナ・ドレック)を育ててきた。
決して裕福とは言えない庶民であるが心が裕福なのだ。
彼女の楽しみは(中年のハンサムな)フランスの作家バルタザール(アルベール・デュポンテル)の小説を読むこと。
彼の小説が何度か自殺を考えたオデットに生きる希望を与え明るく前向きにさせた、まさにオデットのバイブルになっている。
そんなオデットの優しさは勤務先でも表れている。
目の周りにあざを作って隠す化粧品を求めてきて若い女性客に殴られたあざの腫れを引く湿布用に地下で子牛の薄切り肉を買ってこのコンシーラーをつけるようアドバイス。
殴られたのではなくドアにぶつけたと言い訳する彼女に「私も恋愛中はドアに顔をぶつけたのよ。」と返す。
後日再び彼女が、今度は唇にあざを作ってやってきた時は「怪我をさせるようなドアは訴えなくちゃ、美人だからもっと思いやりのある新しいドアがみつかるわ。」と告訴を勧める。
オデットは人を癒す力がある女性なのだ。
ある日ブリュッセルでバルザン(バルタザール)の本のサイン会が行われることになり念入りに準備をし地に足がつかないほどウキウキし出かけたオデットであったたがバルザンの前では緊張のあまり自分の名前すら言えずやっと出た言葉がデット(借金)。
借金さまへとバルザンにサインされたことで自己嫌悪から涙が止まらない。
美容師でホモの息子ルディのアドバイスで話せないなら思いを手紙を書くよう勧められた。
作家に手紙などかけないと躊躇する母に「ハゲの美容師もいる」と息子。
オデットはホモの息子も、学歴はあっても仕事に就けない女らしくない娘の人格も尊重している。
息子に髪をセットしてもらったり悩みを相談してアドバイスを受ける。
娘に対しても部屋に転がり込んでいる男の同居も認めるまではいかないがあまりうるさくは言わない。
それだけで問題になりそうなことも嫌だと思わず現実を受け入れて楽しむから家族の絆が深いのだ。
自分の思いを手紙に書いたオデットはバルサンのファンだという息子の恋人(ボーイフレンド)と再びサイン会に出かけバルサンに手紙を渡した。
一方作家バルザンはテレビで作品を評論家に貶され落ち込み断筆の危機にあった。
おまけに貶した男は妻の愛人であった。
地位と名誉、裕福な暮らしに美しい妻と愛する息子フランソワ、一見何不自由無いように見えてもバルサンには何も幸せに感じられない。
妻は家庭的ではなく冷たいし、夫を卑下している。フランソワは自分のことが原因でイジメにあっているようだ。
バルザンは神経を患いうつ病で自殺を図ってしまう。
運良く命を取り留めたものの心のやり場を失ったバルサンは入院中の病院から逃亡、胸ポケットに入れたまま開封していなかったオデットからのファンレターに気づく。
オデットの愛のある暖かい感謝の手紙はバルサンの病んだ心に刺さった。
突然オデットのアパートの部屋の前に立つバルサン、、、、
 
後半ではトゥールモンド家の同居人となったバルザンとの生活や、ダンスシーンが楽しくて興味深い。
↑予告動画
感想》
邦題タイトルの意味はなんでしょう?
ヒールの5センチ分が地に足がついていないとか、空中に浮いているような恋模様を意味しているのでしょうか。
オデットがウキウキとしている心の中の描写として体を宙に浮かせたり、踊りだしたりする表現をしているのですが不自然に感じません。
達者なダンサーが踊るミュージカルとは違い、平凡な主婦の踊りなのですが鑑賞する方も楽しくなってしまうほど引力があります。
またオデットの言葉は変に格好つけていないのにセンスが良く相手への心遣いを感じ癒されます。
病んでいるバルザンはオデットに罵声を浴びせたりもしますが、やはり才能ある有名作家さん、心を取り戻し気づきがあることで次第に愛を感じる名言が飛び出します。
他のキャストもそれぞれに個性があり魅力的です。
余談ですが、鑑賞後back number (バックナンバー)の『高嶺の花子さん』を思い出しました。
手の届かない人だけど会いたい、その角から飛び出してくるかもしれないとありえない空想してしまう、曲調もこの映画にダブります。
でもこの映画では本当に扉を叩くのです。
開かれた扉は、恋を諦めたシングルの方、中高年の方にもお勧めの個性ある素敵な映画です。
カトリーヌ・フロ
色白で丸みのある優しそうな面持ちはイギリスの女優キャリーマリガンさんや原日出子さんに横顔が似ています。
スリムなスタイルと美肌がとても若々しく公開当時50歳に見えません。
カトリーヌ・フロ主演お勧め
★★★『大統領の料理人』2012年フランス映画実話
 ストーリーもさる事ながら美味しそうな料理の数々に目と胃袋を奪われます。
 カトリーヌ・フロは強さと厳しさと愛情を込めた料理を作る最高の料理人。
 豊富な知識と味覚と優れた腕を持った実在の女性を魅力的に演じています。
エリック=エマニュエル・シュミット監督お勧め映画
★★★『100歳の少年と12通の手紙』2009年フランス映画
 楽しめる『地上5センチの恋心』とは異なり、余命幾許もない白血病の少年と口が悪く豪快なピザ屋の女性との心の触れ合いを描いた涙の感動作です。ロマンティックな内容という部分は共通します。
[amazonjs asin=”B001BXTR90″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”地上5センチの恋心 DVD”]

ピックアップ記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。